テジャスメディシンの公式ブログ

個人輸入代行業者 テジャスメディシンの公式ブログ


↓医薬品・サプリメントの通販サイトはこちら↓
テジャスメディシン

3人に1人が悩む花粉症、どうすれば対策できる?

   

春や秋になると花粉が飛散して憂うつな気持ちになる人も多いのではないでしょうか。花粉症は現在、日本人の3人に1人がなっているという国民病でもあります。また、目のかゆみくしゃみ、鼻づまりなどだけでなく、症状が重くなってくる日常生活に支障をきたすようになります。ここでは花粉症の原因やメカニズム、症状を紹介するとともに、検査方法や治療方法、花粉症に効くアロマなどもご紹介していきます。花粉症に悩んでいる人は少しでも快適に花粉の季節を過ごせるようにぜひ読んで参考にしてください。

 

花粉症アレルギーの原因

植物の花粉によってアレルギー反応が出てしまうのが花粉症です。花粉にはスギ(2月~4月)、ヒノキ(3月~5月)、ブタクサ(8月~10月)、シラカンバ(4月~6月)、イネ(4月~8月)、ヨモギ(8月~10月)などさまざまな種類の花粉が飛んでいます。花粉症は植物によってアレルギーの有無が人それぞれありますので、どの花粉で花粉症が出るのかは個人差があります。しかし、見ていただければ分かるとおり、花粉は1年中なにかしらほとんどの期間飛んでいるため、人によっては年間を通して花粉症に悩まされる人もいます。代表的な花粉症はスギ花粉、ヒノキ花粉で引き起こされるとされており、春シーズンになると花粉情報がニュースなどで見られるのはこのためです。

 

花粉症は季節によって発症するアレルギー性鼻炎のため、「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。これに対して、ダニやハウスダストなどで発症するアレルギー性鼻炎を「通年性アレルギー性鼻炎」と呼びます。

 

花粉症のメカニズム

人の体は自分の体を守るために免疫システムを持っており、自分の体に異物が侵入してくると有害なものかどうかを判断して、必要であれば攻撃して排除します。このときにIgE(Immunoglobulin E)と呼ばれる抗体を作ります。花粉という異物が体に入ってきた場合も、花粉が排除対象となってIgE抗体ができた状態になると、体は迎撃態勢に入ります。この状態で花粉が再び侵入してくるとヒスタミンという化学物質が分泌されて、くしゃみ、鼻水・涙が出る、鼻づまりになるといった症状が出るのです。

 

これらの症状はすべて意味があり、くしゃみで花粉(異物)を体外に放出する、鼻水や涙を出すことによって鼻、目を洗い流す、鼻づまりによって再度花粉が侵入しないように防御しているのです。通常、花粉は人体に有害なものではありませんが、免疫システムが過剰反応してしまうことによって花粉症が発症してしまいます。過剰反応するかどうかは個人差があるため、花粉症になる人とならない人がいます。

 

花粉症の症状

主にくしゃみ、鼻水、涙、鼻づまり、目のかゆみなどが挙げられます。症状が軽い場合は良いですが、重くなると皮膚のかゆみ、頭痛、だるさ、不眠、集中力の低下といった症状が出ます。

 

また、花粉症の症状にはタイプがあります。

・くしゃみ、鼻水が出る「くしゃみ・鼻漏型」

・鼻づまりになる「「鼻閉型」

・2つの症状が出る「充全型」

 

花粉症の検査方法

自分が花粉症だと感じた場合は、まずは専門の医療機関で医師に相談してアレルギー検査してもらうことをおすすめします。この場合は耳鼻科が最適でしょう。しかし、アレルギー検査というものはそれぞれのアレルゲンに対して、アレルギー反応を起こすか調べるものですので、一度の検査ですべてのアレルギーを調べることはできません。花粉症、ダニ、ハウスダスト、犬・猫などそれぞれのアレルギー検査をすることでアレルギーの原因を特定することができるのです。アレルゲンとなる花粉を特定することができれば、その花粉が飛散している時期に合わせて薬を飲むなど、効果的に対策を取ることができるようになります。

 

問診・鼻鏡検査

症状が出たときの状況や期間、アレルギー既往歴、過去の治療歴や家族のアレルギー歴などを聞き、判断材料とします。また、鼻鏡検査では鼻腔を直接診察して、腫れがないかどうかをチェックして症状の確認をします。

 

皮膚テスト

皮膚テストには「皮内テスト」「ブリックテスト」「スクラッチテスト」「パッチテスト」などがありますが、ブリックテストは副作用などもなく安全性が高いので1番ポピュラーな皮膚テストとして利用されています。検査結果も15分程度で出るというメリットがありますが、血液検査に比べると精度がやや低いというデメリットもあります。

 

血液検査

血中のIgE抗体の送料を調べる「血清総IgE定量検査」と花粉に特定のIgE抗体が反応しないかを調べる血清特異的IgE抗体検査」の2つがあります。血液検査はアレルギーの有無だけでなくどのくらいの症状が出るのかをチェックすることができるので、処方するべき薬の強さを知ることが出来るのもメリットです。ただし、検査結果が出るまでは1時間程度かかります。街の小さな診療所の場合、外部委託になるため検査室がないため1~2週間の期間が必要になるというのがデメリットです。

 

血液検査が難しい小さなお子さんの場合

小さなお子さんの場合、採血が難しいということもあります。その場合は指先から34滴の血液を採取することで安全に検査することが可能です。ただし、検査できる範囲は限られてしまいますが、とりあえずの検査としては十分でしょう。また、この検査方法は結果が出るまで20分程度しかかからないというメリットもあります。

 

花粉症の治療方法

症状を軽減させることを目的にした「対処療法」と、症状が出ないようにする「根治療法」の2つがあります。種類としては以下のように分類されます。

 

<対処療法>

・内服薬による全身療法

・点眼薬、点鼻薬による局所療法

・鼻粘膜手術

・注射治療

 

<根治療法>

・アレルゲンとなる花粉の回避と除去

・減感作療法(抗原特異的免疫療法)

 

全身療法

全身療法で用いられる「抗ヒスタミン剤」はくしゃみや鼻水と言った症状が主な花粉症に用いられます。副作用としては服用後に眠気を感じることがあります。

 

花粉症(抗ヒスタミン・クラリチン等)は、こちら→ テジャスメディシン

 

注射治療

注射治療には「ノイロトロピン注射」「ヒスタグロビン注射」「ステロイド注射」があります。「ノイロトロピン注射」は鼻づまりや、鼻水、くしゃみの症状などには有効で、副作用もほとんどないので安心して利用することができます。「ヒスタグロビン注射」は花粉症の症状が出る前に注射することで抗体を作っておくものですが、喘息、眠気、頭痛などの副作用もあるので注意が必要となります。「ステロイド注射」はすぐに効果が表れて一時的に症状を緩和することができます。一度の注射で数週間効果が持続する反面、生理不順、副腎皮質の機能が低下したり、糖尿病、消化性潰瘍などの副作用もあるため、推奨されていません。基本的に「ステロイド注射」は副作用が強すぎるために厚生労働省からも注意喚起がされています。古い病院などでもまだ利用してるところもあるようなので注意しましょう。

 

局所療法

局所療法では「ステロイド点鼻薬」が用いられることが多いです。粉末タイプと液体タイプがあり、鼻づまり、鼻水、くしゃみなどの症状が出る場合に用いられます。ステロイド点鼻薬は副作用が少ないため安心して利用することが可能ですが、鼻に刺激感、乾燥感、出血などがあった場合はすぐに医師に相談しましょう。

 

粘膜手術

花の粘膜をレーザーで焼くことで、花粉が粘膜に付いてもアレルギー反応が出にくくなるようにする手術です。アレルギー体質が治るわけではなく、あくまでアレルギー反応が出にくくなるというものですが、薬を使う必要がなくなるので普段の生活が楽になります。ただし、粘膜が治ってしまうと再度アレルギー反応が出る可能性があります。

 

減感作療法

アレルゲンを体内に少しずつ注入することによって体になれさせていくというものです。少しずつ体に入れることによって体がアレルゲンに対して過剰反応することが減っていきます。注射によってアレルゲンを注入していき、毎週1回、これを4ヶ月~6か月程度続けます。トータルで3年ほど続ける必要があり、時間がかかりますが、アレルギーを根治するには唯一効果的な方法といえます。

 

治療は早めに受けるのが吉

自分が花粉症でアレルゲンの特定もできているのであれば、対象の花粉の季節になる前に治療を開始することで症状を軽減することが可能です。粘膜の炎症が始まってから治療を開始するのと、始まる前に開始するのとではその花粉のシーズンの症状の出方がかなり違うためです。

 

花粉症の症状を軽減するアロマ

アロマオイルは花粉症の不快感を軽減させることが期待でき、リラックス効果もあるので利用している方も多いです。アロマオイルは種類によって効能も変わってきますので自分にあったアロマを利用するようにしましょう。

 

ユーカリ

鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状がでるのであれば有効なアロマです。のどの炎症にも効果が期待でき、お風呂に入れたりアロマディフューザーなどを利用したりしてリラックスしながら利用すると良いでしょう。

 

ペパーミント

鼻づまり、鼻や目の粘膜炎症があるときに効果が期待できます。ペパーミントの成分は鼻の粘膜の炎症を抑える作用があるといわれています。洗面器に温めのお湯を張り、そこに数滴オイルを垂らして蒸気を顔で受けると良いでしょう。

ティークゥリー

あまり聞き馴染みのない名前ですが、オーストラリアが原産の植物で、強い殺菌力があり、アボリジニが伝統的にオイルにして使っていたものです。優れた殺菌作用を持ち、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑制する作用が期待できます。マスクやハンカチに数滴垂らして吸い込むと良いでしょう。

 

サイプレス

サイプレスには体のバリア機能を高める効果が期待できます。目がかゆい、咳が出る場合などに有効です。

 

カモミール・ジャーマン

カモミールは目薬にも利用されることがあり、目のかゆみに効果が期待できます。ハーブティーにして飲んでも良いですし、オイルをハンカチに垂らして湿布にしても良いでしょう。

 

上手なアロマの使い方

外出先でもアロマを利用したいという場合には、オイルを1滴だけティッシュに垂らして、マスクの内側に挟み込むと良いです。また、ハンカチ、コットンなどに1滴~2滴垂らして携帯すれば、外でもアロマを利用することが可能です。デスクワークなどで室内にいることが多い人などはアロマディフューザーを利用すれば、湿度を保ちながらアロマを利用することも可能ですし、ディフューザーが無くてもコップにお湯を入れてそこにオイルを数滴垂らして少しずつ吸い込むと良いでしょう。

 

スギ花粉とヒノキ花粉の違いについて

よくスギ、ヒノキはまとめて扱われることが多いですが、両者は構造も似ていて大きな違いがないため、専門家でもアレルゲンとして見分けるのが難しいとされています。スギ花粉とヒノキ花粉の両方でアレルギー反応が出てしまう人も少なくありません。また、両者が同時に併発した場合、症状が長期化、重症化するケースが多く、なるべく早くアレルゲンの特定をして治療を始めたほうが良いとされています。せっかくの春の季節を憂うつな気持ちで過ごすのではもったいないですから、なるべく早めに対策を取っておいたほうが良いでしょう。

 

治療方法としてはスギ花粉症もヒノキ花粉症もまったく別の治療方法を取るというわけではありません。もともと薬は症状によって使い分けるものですので、アレルゲンによって変わるということはないのです。飛散時期としてヒノキのほうが遅くまで飛んでいるため、薬の服用は長めになる傾向があります。

 

まとめ

花粉症になってしまうと嫌な気分で1日を過ごすことになり、勉強や仕事にもなかなか集中することができなくなります。原因が分からずにモヤモヤと過ごすよりも、自分のアレルギー体質を知っておくと気持ちが楽になりますので血液検査や皮膚テストで一度アレルギー検査を受けておくと良いでしょう。アレルゲンを特定することによって事前に対策することも可能ですし、気分良く日常生活を送ることができるようになります。治療方法はいろいろありますので、医師とよく相談して自分に合った治療をするようにしましょう。もう花粉症に悩みたくないのであれば、時間は掛かりますが減感作療法によって根治してしまうのも手です。また、アロマを利用することで症状が緩和する可能性もありますので、上手く使うようにすると良いでしょう。

 - 未分類